*

networkとNetworkManagerの違い

公開日: : CentOS 6.6 , , ,

networkとNetworkManagerについて調べたこととやったことをまとめ

  1. [現状] 現在の利用状態
  2. [調査] networkとNetworkManagerがCentOS6.6のネットワークを設定している
  3. [実験] networkとNetworkManagerを落としてみる
  4. [結論] networkさえ動いて入ればネットワークの設定が可能

[現状] 現在の利用状態

デフォルト状態からデスクトップのNetworkManagerからIPV6を手動で設定した。設定ファイルを見てみると、下のようになっている。

 cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
TYPE=Ethernet
UUID=01f719ea-4a27-495f-be92-58c8a499ca3a
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=no
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=yes
NAME="System eth0"
IPV6_DEFAULTGW=2001:db6::1
IPV6ADDR=2001:db6::100/64
DNS1=192.168.33.1
HWADDR=C5:30:04:85:D1:7A
IPADDR=192.168.33.200
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.33.1
DNS2=2001:db6::1

vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=localhost.localdomain
NETWORKING_IPV6=yes
IPV6_DEFAULTGW=2001:db6::1
IPV6_AUTOCONF=no

この状態でv6のIPアドレスを割り当ててあるルータ(RT107e)にpingを送ると応答がある。

 ping6 2001:db6::1
PING 2001:db6::1(2001:db6::1) 56 data bytes
64 bytes from 2001:db6::1: icmp_seq=1 ttl=64 time=2.24 ms
64 bytes from 2001:db6::1: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.668 ms
64 bytes from 2001:db6::1: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.660 ms
64 bytes from 2001:db6::1: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.672 ms
64 bytes from 2001:db6::1: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.649 m

[調査] networkとNetworkManagerがCentOS6.6のネットワークを設定している

NICにIPアドレスを設定するサービスは2つあり、それはnetwork とNetworkManagerである。
NetworkManagerは/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0に変更があればすぐに変更をeth0などのネットワークデバイスに反映する。検証済み。

(Tips)
NetworkManagerが/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0を読み取らないようにする。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0の項目
NM_CONTROLLED=yes

NM_CONTROLLED=no
へ変更する。
参考
http://wordpress.honobono-life.info/lin-base/linux%E3%81%AEnetworkmanager%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81/
http://kazmax.zpp.jp/network/networkmanager.html

[実験] networkとNetworkManagerを落としてみる

実験
上のネットワークが想定どおり使えている状態を元として実験を行う。
NetworkManager とnetworkのサービスがどのように関係しているか調べるためサービスを切って状態を見る。

NetworkManager × network○ の場合は
service NetworkManager stop
でサービスを停止させ、ifconfigでeth0の状態を表示させた。

(A)NetworkManager × network○

  service NetworkManager stop
NetworkManager デーモンを停止中:                           [OK] 
 service network stop
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ] 
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ] 
 ifconfig
#何も出力されない
 service network restart
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ] 
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ] 
インターフェース eth0 を活性化中:  Determining if ip address 192.168.33.200 is already in use for device eth0...
                                                           [  OK  ] 
 ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr C5:30:04:85:D1:7A  
          inet addr:192.168.33.200  Bcast:192.168.33.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: 2001:db6::100/64 Scope:Global
          inet6 addr: fe80::ca60:ff:fe85:d17c/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:464899 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:807891 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:194923468 (185.8 MiB)  TX bytes:57281353 (54.6 MiB)

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  Metric:1
          RX packets:221 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:221 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:21506 (21.0 KiB)  TX bytes:21506 (21.0 KiB)

(B)NetworkManager ○ network×

 #ネット使えなくなる
service network stop
インターフェース eth0 を終了中:  デバイスの状態: 3 (切断済み)
                                                           [  OK  ] 
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ] 
ping6 2001:db6::1
connect: ネットワークに届きません
 ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr C5:30:04:85:D1:7A  
          inet6 addr: fe80::ca60:ff:fe85:d17c/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:463769 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:806593 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:194643685 (185.6 MiB)  TX bytes:56766493 (54.1 MiB)

service network startでも再び使えるようになるが、ifconfig eth0 upでもいけた。

(C)NetworkManager × network×
 (B)の結果より使えないことは明らかなのでやらない。

[結論] networkさえ動いて入ればネットワークの設定が可能

 NetworkManagerをstopした状態でnetworkをrestartした場合、/etc /sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0のIPアドレスが割り当てされるため、networkがあればネットワーク の設定が可能である。
 NetworkManagerを落としてもすぐにネットが使えなくなるなどのことにはならない。なぜなら、ifconfigでIPア ドレスが残っていたため。
 NetworkManagerを落とすとデスクトップのネットワークの設定のアイコンが即座に表示されなくなる。

admax_area



関連記事

no image

運用監視系ファイル

システムログファイル システムログファイル ログファイル説明 /var/l

記事を読む

no image

運用監視系コマンド

基本情報 基本情報 コマンド説明 # uname -aカーネルのバージョン

記事を読む

admax_area



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

admax_area



PAGE TOP ↑