*

テキストファイル – 読み込み

公開日: : 最終更新日:2013/12/18 TEXT操作 ,

Function Txt_Read(ByVal fNAME As String) As String
 Dim fso As Object ' FileSystemObject
 Dim str As String ' 読み込んだ内容
 Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
 ' 指定ファイルをOPEN
 Set fso = fso.GetFile(fNAME).OpenAsTextStream
 str = fso.ReadAll
 fso.Close
 Set fso = Nothing
 Txt_Read = str
End Function

ファイルパス&ファイルネーム(fName)を渡して、そのテキストにある全ての文字列を返す。

テキストファイル – 書き込みで作成するようなリストを読み込む場合、まずはすべて読み込み、下のように改行で分けて配列に入れ、さらにタブで分割して配列に入れるといろいろな使い方が出来ると思う。

record() = splilt (Txt_Read,vbCrLf)

 
 

admax_area



関連記事

no image

テキストファイル – 行数をカウント

Function Txt_LineCnt(ByVal FN As String) As Inte

記事を読む

no image

テキストファイル – 作成

Sub txtC() Dim fNameAsString Dim fsoAsObject

記事を読む

no image

テキストファイル – 書き込み

Sub Txt_Write() Dim fso As Object Dim TXT_fso

記事を読む

admax_area



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

admax_area



PAGE TOP ↑