*

テキストファイル – 書き込み

公開日: : 最終更新日:2013/12/18 TEXT操作 ,

Sub Txt_Write()
Dim fso As Object
Dim TXT_fso As Object
Dim fName As String
Dim cnt As Integer
Dim sName(50) As String
Dim address(50) As String
Dim phone(50) As Integer
fName = "C:\tmp.txt"
Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set TXT_fso = fso.OpenTextFile(fName, 8)' 8は最後から追記するモード
For cnt = 0 To 50
TXT_fso.write sName(cnt) & vbTab & address(cnt) & vbTab & phone(cnt) & vbCrLf
Next cnt' vbTab :タブ vbCrLf :改行
TXT_fso.Close
Set fso = Nothing
End Sub

既に存在するテキストファイルを開き書き込みをする。コメントにもあるとおり、追記モードで後ろからどんどん追記していく。

住所録を作るような書き込みのしかたにした。”店の名前”、”住所”、”電話番号”がタブ区切りでならぶ。上記のままでは配列の中に何もはいっていないが、0を含めて51個分のデータを配列に格納したなら使える。

 

 

admax_area



関連記事

no image

テキストファイル – 作成

Sub txtC() Dim fNameAsString Dim fsoAsObject

記事を読む

no image

テキストファイル – 行数をカウント

Function Txt_LineCnt(ByVal FN As String) As Inte

記事を読む

no image

テキストファイル – 読み込み

Function Txt_Read(ByVal fNAME As String) As Stri

記事を読む

admax_area



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

admax_area



PAGE TOP ↑